心理学ブロガーのチラシ裏

メインブログでは書けないどうでもいいこと

橘涼葉というVtuberに心を癒される

スポンサーリンク

アイキャッチ画像


橘涼葉というVtuberがいるのをご存じですか?
2018年の7月にデビューした方なのですが、2021年7月30日現在のチャンネル登録者数は2.7万人という微妙にコメントに困る登録数のVtuberさんです。

「デビューから3年前でその登録者数って全然大したことなくない?」

と思った方。ごもっとも。
実は2019年の12月に引退された方なんですね~。
ではなぜ、いまさらそんなVtuberの話をするのか?
それは最近になって語りたいことが出てきたから!

というわけで今回はVtuber「橘涼葉」さんについて語りたいと思います。

橘涼葉の魅力

f:id:mentalfraud:20210730025330j:plain
私が考える橘涼葉の魅力は何と言っても「雰囲気」です。
とても透き通った綺麗な声に、人を安心させるゆったりした喋り口調。
性格は温厚で、感極まると泣いてしまう一面もあったりと、母性を感じさせる一方で守ってあげたくなる可愛らしい二面性を持っています。

そんな彼女のオススメ動画は何と言ってもこれでしょう!

30分間ただひたすら褒めてくれるASMR。
橘涼葉さんのチャンネルはASMR動画が伸びる傾向にありますが、その中でも一番再生されているのがコチラの動画になります。
かくいう私ももう数十回リピート再生してますねw

コメント欄にも「泣いた」とか「ありがとう」とか「救われた」というコメントが散見され、如何にこの動画で心癒された方がいるかわかると思います。
ラスト配信になった「ゆく年くる年」のコメント欄では、引退した後に橘涼葉さんを知った方から「もっと早く(引退する前に)出会いたかった」というコメントも散見されます。ここまで「愛された」Vtuberは珍しいかもしれませんね。

なるはるチャンネル

そういった中で転生先を知りたがるファンも一定数おり(かくいう私も調べた訳ですが……笑)
その結果見つけたのがなるはるチャンネル。

こちらの遠山小春というのが橘涼葉の魂(声優さん)と目されています。
個人チャンネルも持っており、そちらの雑談放送では弓道の話やゲームの話が橘涼葉と一致していたりと、ほぼ確定とみて間違いなさそうです。

ただまあ、直接本人に確認を取るのはエチケットとして止めましょう。
こういうのはヒッソリとファンたちの間で共有されるに留める暗黙の了解ですからね。

ちなみに私は「第3回なるはるミーティング」が結構お気に入り。
この回は遠山さんが物申したさに結構荒ぶってて面白いです。
相方の三峯さんも舌足らずな喋りだったり、ちょっと抜けてたりと可愛らしい一面を覗かせながら、互いが互いの良さを引き出しててとても和みます。

『二代目』橘鈴葉の登場

と、これまでは「初代」橘涼葉さんについて語ってきました。
そう……なんと2021年の7月14日に中の人が入れ替わって橘涼葉が復活したのです!!
たまたま復活放送開始5分ほどで見つけることができたのですが、あの時YouTubeのトップページに『橘涼葉 LIVE』を見つけたときは「えっっっ!?!?」と驚きながらも、すかさずクリックしてましたねw

結果的には声優が変わっての「二代目」ということで期待した形ではなかったのですが、雰囲気や声質が似てることで放送時のチャット欄には「復活したんですか!?」というコメントがたくさん流れてました。
そういったコメントが流れては「自分は二代目」と律義に否定しつつも、『先代』橘涼葉をリスペクトしてることと、「私なりの橘涼葉になりますが、それでもよければ応援してください」という低姿勢な振る舞いに割と好意的な意見が多かったように見受けられます。

もちろんTwitterでは別人なことにガッカリして嘆いてる人もいましたが、復活放送は荒れることなく無事終了。
私個人としては初代橘涼葉(現:遠山小春)と二代目橘涼葉については既に感情が割り切れており、魂の交代について思うところはあまりない。それが遠山小春という初代の転生先を知ってるからか、視聴してたのがASMR動画が中心でキャラクターと声優に対する結びつきが弱かったからかはわからない。

ただ、二代目橘涼葉に対する忌避感はこれといってなく、普通に橘涼葉という新たなVtuberを知ったような気分で推していけそうだということ。
まだ日にちが経ってないので確定という訳ではありませんが、どうやら初代で評判の良かったASMRを中心に活動していくようです。二代目の方もとても癒される方なのでこれを機会にアナタも一度彼女のASMRを聞いてみてはいかがでしょうか?

私はしばらく『新生』橘涼葉さんを見守ってみようと思います。
もちろん初代橘涼葉(現:遠山小春)さんと相方の三峯なるさんも今まで通り応援し続けます。
誰かが言ってましたが「推しは変えるものじゃなく増やすもの」だそうですよ?

それでは今回はこの辺で。