心理学ブロガーのチラシ裏

メインブログでは書けないどうでもいいこと

人の名前を覚えるのが苦手な私がやった『たった一つの冴えたやり方』とは?

スポンサーリンク

アイキャッチ画像


最近少し面白い発見をしました。
人の顔と名前を覚えるのが苦手な私が、いつの間にか顔と名前を覚える技能を身に着けていたというお話です。

正直なところを言えばなんでそうなったのかわからないし、真似をすれば私のように名前を覚えるのが得意になるとも断言は出来ません。
ですが、もしかしたらアナタも名前を覚えるのが苦手なのを克服できるかもしれないので、最後まで読んでってくれると嬉しいです。

いつの間にか名前覚え名人に

前回の記事で書いたように、新人教育をする機会がありました。
それも数人同時だったので、とにかく人の名前を覚えるのが苦手な私にとってはまあ大変・・・かと思われたんですが、フタを開けてみたら何故かスラスラ覚えられた。
ここで名前を覚えるのが苦手な私は思いました。

「なぜ?」

人の名前を覚えられないのはもう私の特技か才能なのかと思うほど、私は人の名前を覚えるのが苦手だと自分で思っていました。実際いままで他人の顔と名前を覚えれませんでしたからね。
それが今回に限っては結構簡単に覚えることが出来たんですから、そりゃ不思議に思います。

「記憶力が良くなった?」

もしそうなら嬉しい限りですが、一般的な記憶力のピークは既に過ぎてます。
なので他に原因があるんじゃないかと思い、ここ数日間の振り返り、それから過去と現在で自分の意識や覚え方に変化があったんじゃないかと洗い出してみました。

マインドブロックを外した

アナタは一度名前を聞いたはずの人に名前を尋ねるのを失礼だと思っていませんか?
実は過去の私はこの考えにとても囚われていて、一度自己紹介してもらった相手に対して再度お名前をうかがうのが大変な失礼だと思い、再度名前を尋ねることはしないようにしていました。

ただ最近になって「この考えってそこまで気にすることでもないよなー」と思うように。
というのも、大抵の人間は何かの情報を一回で覚えることが苦手です。
まして自己紹介の場合、自分から興味を持って聞きにいった訳ではないのでどうしても不意に来る名前紹介に対して、脳が記憶モードに入っておらず覚えられないことがしばしば。

そのためほとんどの人は自分も相手の名前を忘れるという経験をしており、それゆえ一度自己紹介をしてたとしても「お名前なんでしたっけ?」と聞かれて怒る人は少ないです。
実際私もすでに一度名乗ってるにも関わらず、相手に「すいません、なんてお名前でしたか?」と問われても気にも留めません。おそらくアナタもそうではありませんか?

もちろん最初の自己紹介の際に一発で覚えられるに越したことはないです。
ですが忘れたからと言ってズルズル引きずり、顔馴染みにまでなってから名前を聞き直すよりは精神的にもよっぽど衛生的でしょう。

名前は自分から聞く

さきほど少しお話しましたが、最近の私は相手が自分から名乗ってきたとしても自分から「お名前なんですか?」と再度聞く、あるいは「〇〇さんってどういう漢字書くんですか?」と漢字を尋ねるようにしていました。

これは別に狙ってたとかじゃなくて、先述のマインドブロックを外した結果辿り着いたもの。
しかし論理的に考えればこの方法が有効な理由には心当たりがあります。

さきほど軽く触れましたが、人間の脳は「覚えよう!」という意識を強く持ってるときと、自分が興味を持ってる対象ほど記憶力を発揮します。
そのため「覚えよう!」という意識もなければ、相手に興味がある訳でもないタイミングで教えてもらう自己紹介で覚えるのは至難の技だと言えますよね。
対して自分から名前を聞きに行くという行為は「覚えよう!」という意識もあるし、相手に少なからず興味を持っている状態なので、冷静に考えてみれば覚えがいいのは当たり前のことでした。

今回の体験を得ての学び

そして今回の体験から私は一つのことを学びました。
今まで上手くできなかったことは、とりあえずやり方を変えてみるべきという事です。

苦手なこと・出来ないのには大体理由があります。
しかし自分で理由を見つけるのは結構困難です。
それならばいっそ偶然に頼ってでも成功パターンを見つけ、その成功パターンからできなかった理由を探したほうが早いでしょう。

 

というわけで今回はここまで。
名前を覚えるのが苦手という人は是非今回の話を参考にしてみてください。
それではまた。